大塚製茶について|大塚製茶の歴史日本茶という芸術に魅せられた歴史。

■江戸から明治へ。激動の時代に、掛川 日坂東山のお茶づくりは始まった。

創業者 大塚真平の生家

創業者 大塚真平の生家

掛川・日坂東山は東海道五十三次の宿場町であったことから、古くから交通が主な産業として確立していました。しかし明治の大変革がこの産業構造を一変させます。街道筋の交通に関わる多くの人々が、農業など新たな生業に転じることになったのです。大塚製茶の創業者である大塚真平もそのひとりでした。
明治四年、大井川の「徒渉制」が廃止され「渡舟制」になり、それまで川渡しに従事していた川越人夫たちが職を失いました。川越人夫たちは、掛川藩から御用林の払い下げを受け、その地を開墾して農業を始めます。この時、御林管林の約三百七十四町を開拓した20家族ほどのグループの中心に大塚真平がいました。積極的な開拓によって、現在のお茶の名産地しての礎を築いたのです。


【初 代】 大塚 真平

【初 代】 大塚 真平

勝海舟が牧之原台地を開墾し、お茶を栽培することを推奨。掛川藩より御用林を賜わった大塚真平(初代)が、大井川の川越(川渡し)人夫を引き連れ、現在の掛川市日坂・御林に茶園を開拓。

【二代目】 大塚 忠吉

【二代目】 大塚 忠吉

2代目・大塚忠吉は商いにも才覚を発揮し、お茶の見本を持って蒸気機関車で静岡市内の茶問屋街に通った。 の屋号はこの頃から使われた。

【三代目】 大塚 義一

【三代目】 大塚 義一

3代目・大塚義一は「より美味しく、より良質のお茶をつくる」という信念から、機械技術を取り入れた。昭和30年から「深蒸し茶」の製造をいち早く導入。柔軟な発想で製茶技術を発展させた。

【四代目】 大塚 弘明

【四代目】 大塚 弘明

昭和35年、4代目・大塚弘明が会社組織として「大塚製茶株式会社」を設立。「茶審査技術認定師」として「全国に誇れる上質なお茶づくり」の向上に尽力。現在に至る。

【五代目】 大塚 裕彦

【五代目】 大塚 裕彦

平成22年就任。第50回全国茶審査技術競技大会において個人戦9位入賞、日本茶鑑定士認定を受けるなど、日々研鑽を積んでいる。

■大塚製茶歴史ギャラリー

  • 戦前の日坂村の風景
  • 昭和30年代お茶の集荷作業昭和30年代お茶の集荷作業
  • 昭和30年代茶摘みの女性たち昭和30年代茶摘みの女性たち
  • 昭和30年代茶摘みの女性たち昭和30年代茶摘みの女性たち
  • 当時の拝見場お茶師栗田忠平氏(右)
  • 当時の拝見場当時の拝見場
  • 昭和30年代お茶の袋詰め作業昭和30年代お茶の袋詰め作業
  • 昭和43年頃の手持ちの茶摘み機昭和43年頃の手持ちの茶摘み機
  • 茶摘み機は二人持ちから自走式へ茶摘み機は二人持ちから自走式へ
  • 婦人会などでお茶の入れ方教室婦人会などでお茶の入れ方教室
  • 平成4年農林水産大臣賞初受賞平成4年農林水産大臣賞初受賞
  • 掛川献上茶ご謹製記念掛川献上茶ご謹製記念
  • 1978年オレゴン州ユージン市と姉妹都市締結に茶業界代表として渡米1978年オレゴン州ユージン市と姉妹都市締結に茶業界代表として渡米
  • 小学生の茶摘み体験小学生の茶摘み体験
  • 平成19年静岡県知事賞受賞平成19年静岡県知事賞受賞
  • スウェーデンの茶商とのお茶テイスティングスウェーデンの茶商とのお茶テイスティング
  • スウェーデングランドホテル支配人とティーセレモニースウェーデングランドホテル支配人とティーセレモニー
  • オランダのお茶バイヤーとも交流・出荷していますオランダのお茶バイヤーとも交流・出荷しています
大塚製茶について
  1. なぜ掛川の日坂東山でおいしいお茶が育つのか
  2. 大塚製茶のお茶づくり
  3. 大塚製茶の歴史
  4. 会社概要
ページトップ
Copyright 2013 OTSUKA GREEN TEA CO.,LTD.